にゃるだすのお仕事とFX

正社員・アルバイト・FXで空回りする日々を書いています

fxより頭の中、宇宙でいっぱい

ちょっと勝ったらすぐ負ける。
情けなく毎日凹む。


BOE政策金利発表間近の勢いづいたときに逆張りとはww



スプレッド半端無いから余計ダメージ(ノД`)




EUR/USD
だいたい、こんなあたりで
「ちゃんと順張りしなきゃ!」と
入って痛い目に遭い、向きがわからなくなる。


わかってるんです、もう落ちようとしている(日足上ヒゲ2回目)
でも順張りしなきゃとこんな時は妙に順張り。


結局は、みんなについていくしか確証持てない私。
とれたけどポジポジの痛みがとれないww


USDJPY

この急な上昇を入れなくてくやしかったけど
邦銀バンクディーラーの有名な方でも
様子見で手をつけてなかったので、
まあ、しょうがないかなー・・・と言い訳。



(・・)心なしか、プチ勉強会実践講座の動画の先生、
元気なかったような・・・気のせいかな。


楽しみにしていたエントリーパターンもお蔵入りって。


編集料が高くてやめたんなら
私できるけどな〜


印刷はネットなら安いしな〜


ま、FXって、文章や絵で表現てむつかしいよね。
先生の言葉をよく聞いていると、
自分の知らない、見えていないことに気づくことがよくある。







今、私の脳みそを刺激するのはFXより、宇宙


昔の映画
「インターステラー」を観た


きっかけは、YouTubeの広告で、
クリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」に
過去の映画が組み込まれていて
映像のすごさにびっくりして楽天動画で観た。


あまりの面白さに、二晩続けて3時間見てしまった(^_^;)


丁度、少し前に
NHKの「名著de100分」でアインシュタインの法則を
YouTubeで見てたのでかなりおもしろかった!


でも(^_^;)4次元、5次元はわかってなくて、若干とまどった。




私のような庶民な脳みそでは、
手放しに感動だが、



かしこいひとは
映画に出てくる、時間のズレや質量を台詞から想像し、
「アインシュタインの相対性理論の計算は無理だけど
 シュバルツほにゃらら(忘れた)の計算式

 ならなんとかなるから」
と、計算し、
(右下の画像)
ブラックホール(光る土星のようなやつ)と水の惑星が
距離がうそで残念・・・的なコメント


(^_^;)うらやましいような、
   うらやましくないような・・・