にゃるだすのお仕事とFX

正社員・アルバイト・FXで空回りする日々を書いています

映画マネーショートを観た(リーマンショックのドキュメント?)

リーマンショックは凄かった


うちの会社も、ものすごくリストラあったし、


逆に田舎の零細企業に

青山学院とか、早稲田とかの

中途採用が来たり


そんな時代の、


サブプライムローン問題にいち早く気づいて

勝負に出たファンド達の話が

映画「マネーショート」


用語や仕組みが若干難しいうえ、


早口だし、


合間に邪魔な動画入れて来るし


リアルタイム横でFXやりながらだと(・∀・)わけわからんね


(いつの間にかWi-Fi切れてて焦った)


あーもっと金融勉強してたら

かなり楽しいだろうなこの映画


サブプライムローンのできていく仕組みが

よくわかります。



ちょっと話逸れますが


最近、FXやってて、

プロの

「AUD/USDでダイバージェンスができているので

タイミングを見て」


の、コメントを見て頭が「売り」に

なりましたが、素人の浅はかさで

マジに売りに入り撃沈


買いに劣勢が始まったのはすぐだけど、

下落(トレンド抜け)は一週間ぐらい?



FX始めた頃、MACDの交差から売りだ!

が、三日たってから下落。


知識のなさゆえなんですが(>_<)


映画でも一番最初にCDOを売りに入った人も

それを察知して追随した人達も

2年ぐらいかかったみたいです。


かなり苦境の様でした。


おまけに、破綻が始まってですら

CDOの価格は下がらず、苦悩


私が1ピップでウダウダしてるのと

わけが違う


他人のお金を運用してるんだもんね(>_<)億ドル!


「皆が天井と認めないとなかなか暴落は起きない」

んだなと思った。



それにしても、映画の中で

ストリッパーがサブプライムローンを組んで

5件の家とコンドミニアムを持っていると言っていた。


彼女のその後はどうなったのかな(/_・)ムゴイ